コース紹介・取得資格・進路

コース紹介
全日コース[週5日登校]
全日コース[週5日登校]

猪名川の緑豊かな自然の中で農業を学びながら、卒業と同時に高校卒業資格を取得できます。日々の栽培・収穫体験作業を通じて生命を感じ、「生きる力を育む」教育を実践します。また、収穫作物を原材料とした食品加工の「生産、加工、流通、販売」に携わり、社会で生きていくために必要な「知識、スキル、経験」を身につけます。

コース紹介
3年間で農業を学びながら高卒資格を取得
  • 専修学校 猪名川甲英高等学院
  • 駿台甲府高等学校 通信制課程

高等学校の単位は駿台甲府高等学校通信制課程の単位として認められ、それとは別に専修学校の専門的な知識や技術を身に付けることができます。

本校卒業と同時に「駿台甲府高等学校 通信制課程普通科」の高卒資格も取得できます。

  • 高等専修学校とは…
  • 高等専修学校(専修学校高等課程)は、「職業もしくは実際生活に必要な能力を育成し、または教養の向上を図る」ことを目的に設置された、都道府県知事認可の学校です。(高等学校は、高度な普通教育および専門教育を施すことを目的としています。)
その他の取得資格
  • 日本農業検定
    【全国農協観光協会】
  • 日本漢字能力検定
    【日本漢字能力検定協会】
  • 実用英語技能検定
    【日本英語検定協会】
  • 実用数学技能検定
    【日本数学検定協会】
  • 文書処理能力検定(word,Excel)
    【全国経理教育協会】
  • コンピューター会計能力検定
    【全国経理教育協会】
進路

本校の提携企業で農業教育を行う㈱マイファームの協力により就農支援をはじめとするバリエーション豊かな進路選択が可能です。

就職 個別キャリアカウンセリングや、就職フェアへ参加する事で、幅広い分野や地域での就農支援が可能です。本校で学んだ知識や経験を活かして「自産自消」の生活を送ったり、場合によっては「独立」だって夢ではありません。
進学 さらに深く農業を学ぶことのできる「アグリイノベーション大学校」(提携校東京農業大学)へ入学する事ができます。もちろん、農業から学んだ事を活かして、別分野の大学や専門学校へ進む事も可能で、技能連携予定である駿台甲府高等学校通信制課程の推薦入学枠を活用する事もできます。
高等専修学校について
本校は、中学校卒業者を対象とした、兵庫県知事認可の高等専修学校です

高等専修学校(専修学校高等課程)とは、「職業もしくは実際生活に必要な能力を育成し、または教養の向上を図る」ことを目的に設置された、都道府県知事認可の学校です。本校は、兵庫県知事より認可を受けて運営をしております。

高等専修学校の卒業証書だけでも安心です

「大学入学資格付与指定校」とは、"専修学校の高等課程のうち、当該過程を修了した者が大学への入学に関し高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認められるもの"を指します。(1)修業年限が3年以上 (2)課程の修了に必要な総授業時間数が2590時間以上。等の条件がありますが、本校はそれらの条件を全て満たしています。

では・・・高等学校と何が違うのでしょうか
高等学校との違いは?
高等学校との違いは?

法律(学校教育法)上の設置目的が違います。
専修学校は、職業もしくは実際生活に必要な能力を育成し、教養の向上を図ることを目的としています。
高等学校は、高度な普通教育および専門教育を施すことを目的としています。
食堂などがありません。

高等学校と同じところは?
高等学校と同じところは?

中学校卒業者を対象としています。
高等学校卒業と同じ条件で進学や就職ができます。
通学定期の割引や学割が利用できます。
就学支援金や各種奨学金が受けられます。
学校生活・行事や学習形態も基本的には高等学校と違いはありません。

残念ながら・・・
残念ながら・・・

高等専修学校は、あまり知られていませんし、分かりにくいのが現状です。
本校は、高等専修学校でも「高校卒業資格も取得して欲しい!」と強く願いました。
保護者や生徒の皆さんは、「高校卒業資格だけは取得したい!」と強く願っています。

強く願っているから・・・
強く願っているから・・・

専修学校 猪名川甲英高等学院は、「高等学校卒業資格」を取得できるよう、駿台甲府高等学校通信制課程の学習センターに認定されています。

高校卒業資格
高等学校の卒業証書を取得できます

本校では、高等学校の単位は駿台甲府高等学校通信制課程の単位として認められ、それとは別に専修学校の専門的な知識や技術を身に付けることができます。
猪名川甲英高等学院へ入学すると、駿台甲府高等学校通信制課程(山梨県甲府市)にも入学をします。同時に2つの学校に在籍し学習することで、高等専修学校と高等学校の2つの卒業証書を取得することができます。

学習の形態は、全日制高等学校と同じように、月曜日から金曜日(1時間目から7時間目)、教室で各科目専門教諭の授業を受け学習します。同時入学の駿台甲府高等学校通信制課程は山梨県にありますが、山梨県まで通う必要は全くありません。

一つの学校で高等学校の授業(普通科目)と専修学校の授業(職業科目)が同時に行われます。

もちろん、勉強がわからなかったときは、すぐに先生に聞き、指導を受けることができますので学習の成果も上がります。また、いっしょに勉強するクラスメイトがいますので、お互いに励ましあいながら、確実に卒業を目指すことができます。

日本の社会では、高校卒業資格というのは取得していて当たり前になっています。進学はもちろんのこと、就職するときもほとんどの企業が高校卒業以上という条件が多いのが現状です。これからの人生において、高校卒業資格は大切なものです。